先輩社員にインタビュー

ピーターパン 奏の杜店 稼動計画STR
【生産管理・品質管理・出庫数向上策・独立志向】
桑原 祐輔(27歳)
【出身】千葉大学 法経学部総合政策学科 卒

これが私の仕事

◆おもてなしとマネジメントの両立◆

年商3億の店で、仲間とともに、パン製造とマネジメントを行っています。
お客様に焼きたて、揚げたて、作りたての商品を提供するために、
私はお店のパンの製造量を決定し、仲間と協力して実際に作っています。
製造量は売り上げ目標や過去のデータ、天気、地域のイベントなどの情報を活用し、決定します。実際のお客様の動きを予測しきることは難しく、うまくいかないことも多いです。
また、焼きたて、揚げたて、作りたての回数を増やすために一度に大量の量を作らず、少ない量を多い回数作るので忙しいです。
しかし!
仲間と協力し、お客様の動きを予測した通りに、焼きたての商品をお客様に提供できた時の達成感は格別です。
また、おいしい焼きたてのパンを嬉しそうに買っているお客様の笑顔を見ると、
大きなやりがいを感じます。

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

行動力と仲間力で ”塩バターロール” 大ブレイク!!

私の好きな商品は塩バターロールというパンです。
2014年11月までお店の出庫数第3位の商品でしたが、
このパンをもっと多くの人に食べてもらいたい!という熱い想いで行動しました。
社員ミーティングで『塩バターのポップを入れて、お店のお勧め商品にしたい』と提案しました。
多くの仲間が賛同してくれ、塩バターロールの販促をお店全体で進めていきました。
手間はかかりますが、1度に作る量を減らし、焼きたて回数を増やす工程にしました。
仲間の協力のおかげで、目標の出庫数20%アップを達成することができ、
お店での人気第2位の商品へと成長させる事が出来ました。
これは私の自信になりました。
ピーターパンでは年数には関係なく、行動する事ができます。
本気で行動する人には、快く協力してくれる仲間が揃っていますよ。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

パンで人をつなぎ、地域活性化に貢献。共に成長できる社風。

私の将来の夢は地元広島に帰り、
地域の人々をつなぐお店、地域活性化に貢献が出来るお店を経営する事。
広島に恩返しをすることです。
そんな夢を抱き、就職活動をしている時にピーターパンに出会いました。
ピーターパンはパンで人をつなぎ、地域密着で、地域の人達から愛されている会社です。
ここで夢を叶える力を身に付けようと入社を決意しました。
また、頑張っている人を全力でサポートする、熱い想いの仲間に恵まれ、
共に成長出来る事も私がピーターパンが好きな理由です。

これまでのキャリア

小麦の郷店 製造
稼動計画STR

先輩からの就職活動アドバイス!

「入社」する事がゴールではなく、
「この会社に入社して、どのような事ができるか」を重視してみてはいかがでしょうか。
正直、私は入社して挫折した事やうまくいかない事が山ほどありました。
落ち込む日もありました。
しかし、その分やりがいがあります。
やりがいのある仕事をしていれば、人生そのものの満足度は変わってくるはずです。
是非、「入社」する事に捉われず、その後の自分の人生を見据えて就職活動をしてみてください。