先輩社員にインタビュー

サポートファクトリー 製造 河端 朋未(27歳)
【出身】 東京農業大学 応用生物科学部 栄養科学科 管理栄養士専攻 卒

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

自分の作ったパンを笑顔でお買い物してくださるお客様の存在!

店舗で働くことの醍醐味は、自分が作ったパンを楽しそうに選び、テラスで食べて笑顔になってくれているお客様を目の前で見ることができることです。 私の作る八千代あんぱんを毎日のように2個も3個も買ってくれるお客様に気付いた時、ある日私は声をかけに行きました。 いつも買ってくださっていますよね?とお尋ねすると、ここのあんぱんは本当に美味しいの!焼きたてはもちろんだけど、時間が経ってもふわふわで美味しいままなのよ!と、嬉しそうに話してくださいました。 それ以降お店に来たときはいつも手を振ってくれます。更には、前よりもあんぱん美味しくなった?ともちゃんが作ってくれるからね!と嬉しいお言葉もいただけました。 そういったお客様の存在が私のやる気にもつながっています!

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

大好きなパンを仕事に!そしてある社員さんの一言が決定打!

私はパンが大好きです。アルバイトもパン屋でした。 大好きなパンに囲まれながら仕事がしたい、という想いで就職活動を行っていました。 しかし、パン屋とは関係ない業界で内定を頂き、就職活動を辞めた時期がありました。 いざそこに入社しよう!と考えた時、働く自分のイメージができず、私の働くべき会社ではない…と気付いたのです。そこから就職活動を再開しピーターパンと出会い、説明会でその雰囲気に惚れ込みました。 そして選考の時出会った先輩社員の一言が響きました。私はピーターパンが好きで一緒に働く仲間も大好き!だからもっと働きやすい環境を作っていきたい!という力強い一言。 ここまではっきり自分の会社が好きだ!と言い切れる人が働く会社に魅力を感じ、私もその一員になる!とピーターパンへの入社を決めました。

これまでのキャリア

【1年目】成形ポジション 夏に親子パン教室の担当を任される 【3年目】・後輩のお姉さん的存在であるメンターという仕事を担当 ・フェア・イベント担当者となる/p> ・入社以降携わりたかった採用の仕事に挑戦

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動をする上で最も大切なことは、その企業で働く自分をイメージすることができるのかだと思います。 就職活動の中で内定をもらうことはゴールではありません。むしろそれがスタートとなります。自分の強みは何なのか、どういったことで会社・社会に貢献したいのか、そしてそれが実現できる会社.はどこなのか?を是非考えてみて下さい。 自分に合う企業は絶対にあります。妥協せずにとことん自分と向き合って、充実して楽しく働ける企業を探してみて下さい!